DuckDuckGoの紹介

DuckDuckGoとは?

 

検索エンジンって何を使いますか?ほとんどの人はGoogleでしょうか?その次はBingかYahoo!でしょうか?
このサービスを使うとトラッキングされるのは仕方がないと思っている人、そもそもトラッキングって?と思われる方もいらっしゃるでしょう。トラッキングとは広告などのために閲覧履歴を取得することです。でも、2009年からトラッキングしない検索エンジンが出てきました。そのサービスの名はDuckDuckGoです。

DuckDuckGoはまだそんなに知られていないと思いますが、一日の検索件数が徐々に増えています。なぜなら他の検索エンジンとはちょっと違うんです。

メリット

 

トラッキングされない、広告が無い

 

広告がないため、個人情報も取得しないのです。あまり気にしない人もいますが、気にする人はできるだけ避けたいですね。

 

地域・期間で絞りこめる

もし◯国で検索したらどんな結果が出るか?と思ったら、プロキシなどを使わなくても簡単に見ることができます。最新ニュースが見たいなら、「最新24時間」を選択すると、過去24時間にアップされた記事の検索結果が表示されます。

 

!(バング)が便利

 

特定のサイトで検索したかったら、バングを使うと便利です。
いっぱいありますが、いくつかと言うと、以下の物があります。

!ajp アマゾン(日本)
!wjp ウィキペディア(日本)
!rakuten 楽天
!tw ツイッター
!fb フェイスブック
!ig インスタグラム
!qiita キータ

これがとても便利な機能です。「!ajp こたつ」を入力したら、アマゾンで「こたつ」の検索結果が表示されたページに遷移します。「!msdn malloc」を検索すればmsdnのドキュメンテーションでmallocを検索することが出来ます。一つの場所からいろんなサイトで検索できます。あと、好きなサイトのバングがなかったら、簡単に登録できます。

機能が多い

 

Conversions機能が使いやすい。例えば「dollar yen」を検索すれば、「1 USD = 117.91 JPY」みたいな結果が出てきます。

インディゴ
検索の内容によって動画検索などが自動的に出てくる。

もちろん、googleにもこの機能がありますが、他にもいろいろあります。
ちょっとしたことですが、検索結果ページではファビコンが出るのもいいなと思いました。

デメリット

 

いろんな機能がまだ日本語対応されていない

 

他にもいろいろな機能がありますが、日本語で使えません。
「is it raining in Tokyo?」訳「今、東京で雨が降ってるの?」などは英語で出来ますが、まだ日本語で出来ません。いつ日本語対応をするかまだ分かりません。これを使わなくても大丈夫だと思いますが、ちょっと残念です。

 

まとめ

 

英語が出来なくても、全然使える検索エンジンだと思います。機能を利用したい時は英語(ローマ字)で検索できれば、ユーザー体験が少し良くなると思いますが、検索エンジンとしては充分です。