windowsでbashを使ってみましょう!

Windows Subsystem for Linux (Beta)

 

*nixシステムといえばターミナルですね。最近までwindowsで*nixカーネルサービスを使えませんでした。もちろんcygwinとかありましたが、それはWindowsの環境でunixのコマンドを使えるだけのプログラムです。Subsystem for Linux (Beta)はubuntu 14.04を活かしている互換レイヤー(wineみたいなもの)です。ubuntuのカーネルがあるので本当の*nix環境で使えるようになります。

 

必読

 

*機能の名前通り、これはあくまでベータ版です。うまく出来ているようですけど、まだ対応されていないカーネルサービスなどありますので、本番環境として使うのは推奨出来ません。ご了承ください。

 

 

インストール

 

さて、インストールしましょう。

まず、windows 10アップデートビルド14393以降が必要です。下記で確認できます。

設定 > システム > バージョン情報

 

もし更新が必要な場合、まずは更新しましょう。

次は開発者モードに切り替えないといけません。その設定は下記で変えられます。

設定 > 更新とセキュリティ > 開発者向け

 

上記の2つの条件が揃えば、この機能をインストールできます。「windowsの機能の有効化または無効化」を検索すれば出ます。選択したら機能の一覧が出てきます。そしてSubsystem for Linux (Beta)をチェックし、OKを押せばインストールします。インストールができたら再起動する必要があります。

再起動をしたら、cmdを開けて、bashを入力すると、ubuntuのカーネルがインストールされます。unixのユーザー名とパスワードはこの時点で設定します。

 

Bash以外のシェル

 

因みにbashだけではなく、好きなシェルも簡単に使えます。

例えば、zshをインストールするのに下記のコマンドを実行するだけです。

sudo apt-get install zsh

 

fishとかももちろん同じように書きます。

sudo apt-get install fish

 

因みに自分は最近fishで遊んでいます。

 

windows cowsay

立ち上げてからの定番のcowsayです。

 

これでVMをインストールせず、ネイティブ*nixのバイナリーをwindowsで実行できるようになりました。まだベータなんですが、windowsでの開発に関してはかなり大きな話です。